寄り道多めのブログ

高血圧予備軍の25歳。妊娠を機に減塩したり、生き方を考えたり。

つわりと水分補給について

気持ち悪い…つわり悪化してない…?

たまです。

これは昨日までのわたしです。

トイレに立つと目の前が半分暗くなって目眩で倒れそうになる、吐き気がひどく、消化が追いついていない状態でお腹にガスが溜まって痛い。

とにかくひどいので主人に伝えることにしたのですが…

 

←ここから: 昨日の夜の回想→

わたし「気持ち悪ーい、目眩がするー」

主人「うーん、貧血?(まぶたをめくる)赤さは俺と変わらないねー」

主人「今日は何回お水を飲んだ?」

わたし「えっと、トイレに行くたびに飲むようにしてるから…1時間に1回?2時間に1回?」

主人「出ていった量しか飲んでないの?」

わたし「ふつう、そうじゃない?出て行ったら飲むのでは?」

←回想終わり→

 

この後めちゃくちゃ怒られました☆

 

出て行った分だけ補給して足りるわけないし、汗も考えるとそもそも少ないよ!!計算してみなさい!!と言われたので、計算してみます。

・コップ1杯150ml

・2時間起きにトイレにいってる

・起きてる時間を16時間くらいと考えるとのむ回数は8回

・食事と風呂の前に1杯ずつ

150ml×10回=1500ml

 

んんん、普通の人や…。ただの普通の人が飲む平均の量や…。

調べたら、血流増加してるから血を増やすのにいつもより水分必要で、2L以上ないとドロドロの血になって、血栓ができるって書いてるやん(青ざめる)

よく考えると、非妊娠時で1L行くか行かないかくらいしか飲めてないので、多めに飲んでるつもりでもそもそも足りてない。

さらに、今は初夏、これから夏なので2Lじゃ足りなくなります。

自分に大馬鹿ヤロー!ってなりました。でも早く気づいてよかった…

 

そして、日が開けて本日のわたし

f:id:minthol:20170623141537j:image

1L入るボトルを用意しました。

目から鱗だったよ…このボトルは麦茶用だとばかり思ってたよ…

もちろん、万年水分足らずのわたしの考えではないです。

 

朝に高校の頃からずっと仲良くしている友だちにまだ早いんだけど…と報告をしたときに一緒に、水分の話を聞いてもらったところ、

「麦茶のボトルか1Lのペットボトルに麦茶でも水でもいいから入れて計りながら飲めばいいよ!」

「減って行くうちにあとどれくらい飲めばいいかもすぐにわかるし、どれくらい飲むか感覚的にわからないならそっちがいい」

というアドバイスをくれました。

 

わー!その発想はなかったーーーー!

と思いながらすぐさまにゃんこ先生のボトル(柄)を棚の奥から引っ張り出し、水を汲み、枕元へ。

安静のため寝たきりになってるのですが、わざわざ水道まで汲みにいかなくていい!飲みやすい!

途中で、このペースで飲んでると夜までになくならないな…とわかるので、ペース配分がしやすい!

 

めっちゃ便利やん、なんで気づかんかったんや。

ありがとう、六たん(友だち)

ありがとう、にゃんこ先生

 

きちんと飲むようにしたおかげか、昨日と打って変わって元気です。

目眩は消え、昨日の夜お腹にガスや空気が溜まって苦しかったのも消えました…

ちょっと汚いですが、水分ちゃんと取るとげっぷがしっかりでて苦しまなくて済むみたいです( ;∀;)ひー

 

持つべきものは友人と夏のアイテムですね…。主人にもありがとうっていっとこう。

 

夏に妊娠期間がかぶる方は全力で水分補給しましょう、わたしとの約束です…!

血栓はこわいよー!

 

p.s. 水分が取れないほどつわりがひどい方もいると知り、それはとんでもなく危険だなと思いました…飲めるなら飲もう!飲めないなら我慢せず病院へ!