寄り道多めのブログ

高血圧予備軍の25歳。妊娠を機に減塩したり、生き方を考えたり。

親への報告

日本列島の梅雨はどこへー!

たまです。

雨降らなさ過ぎて田んぼや紫陽花が心配です(´・ω・`)

 

心拍確認が取れたので、遠方にはなりますが、両家、親への報告をしましたー。

主人の実家も両親が離婚していて、お義母さんだけなので、それぞれ電話で報告です。

 

まず、わたしの父から。

報告が…とまでは言えたものの、後がつっかえてしまい、もごもご。

「もしかして、じいちゃんになったか?」

と父から聞いてくれました。

そう、それ、そうです!と二人慌てながら返事をしました。

今までは、わたしが生まれたときの話をあまりしたがらなかったものの、

「お前は切迫早産の疑いだったけど、病院に行ったら全然生まれてこなかったんだよなぁ」

「結局予定日過ぎちゃった」

など、知らんかったわーという話をしてくれました。

あとは、孫活を始めていたようで、長らく吸い続けていた煙草をやめたとのこと。

「じいちゃん、煙草臭い〜って思われたら嫌われるから今のうちからやめようと思って…」

「周りの孫が生まれた友達や同僚もそうやって煙草を吸わなくなってさー」

だそうです。

そうなのか…。世の中のじいじ頑張ってるな。

お前はすぐ無理するから無理するなよ!!と釘を刺されて、無事報告終了でした。

 

次はお義母さん。

いつもなら一発で電話が繋がらないのですが、普通に繋がったので二人とも動揺(おい)

父への連絡と同じく、おばあちゃんになるかもという報告方法でいきました。(ありがとう父)

ものすごい喜んでもらえて、こっちも嬉しくなりました。よかった。

つわりのとき、主人が生まれるときの話を聞かせてもらい、

「生まれるとき、実は切迫流産の可能性があるからって言われて、1ヶ月間自宅安静やってな」

「やから、絶対無理はしやんで、主人に任せなよ〜」(主人にも家事ちゃんと手伝ってな、あんたしかできんのやからな!と言ってくれてました笑)

というアドバイスをもらいました。

三人産んだけど、つわりから全部違って生まれ方もそれぞれ違ったとのことでした。そうなのかー。

あとは、初産だけがゆっくり妊婦を楽しめる期間だからマタニティヨガとかそういうのがあったら全部行って全力で楽しめ!!!とのことでした。

 

明るいな!!!すごい前向き!!!(OvO)

 

ネガティヴねちねち星人のわたしとは違ってカラッとした感じなので、相談したら悩み一発解決してもらえそうです。

頼もしい…。

 

報告してみて、改めて親ってすごいなぁと思ったのと、二人とも子どもが好きで私たちのことをちゃんと見てくれているんだな〜〜ありがたい!と思いました。

孫デレ楽しみだなあ…。

 

ルテイン嚢胞のことも心配なので、つわり少ないから!と無理せずに、とにかく温かくしてだらだら胎盤ができるのを待とうと思います_(」∠ 、ン、)_

だらだらするのは得意だ…。

だらだらできることに感謝…。(言い聞かせる)